診療案内 MEDICAL診療案内 MEDICAL

小児歯科

小児歯科について

小児歯科について

お子様が初めて歯医者にくるときはどんなことを思って来るのでしょう。怖い、不安などでいっぱいの子も多いと思います。
当院では診療室の雰囲気など、いわゆる病院らしくないよう、配慮しました。また、診療イスでは、液晶テレビを設置し、自由にテレビをご覧になれます。
お子様は痛い思いをしなければ、だんだんと歯医者に慣れてくれます。そのため治療では完全な無痛治療を目指しています。

無痛治療について

無痛治療について

当院ではコンピューター制御の電動注射器を用いており麻酔注入時の痛みがほとんどありません。
針刺し時のちくっとした痛みも表面麻酔と世界最極細の注射針により、解消しております。

初期の虫歯治療について

初期の虫歯治療について

歯の表面の着色や白濁はエナメル質のミネラルが溶けてきている状態です。(表層化脱灰)
この段階では削らずに適切なブラッシングとフッ素等により元の状態に戻すことが可能です。
当院ではホームケア用のフッ素ジェルを販売しています。
ブラッシング後に毎日ご自分で歯ブラシに付けて塗布することにより、効果的に歯質の強化と再石灰化が図れます。
これは歯科医が塗布するフッ素より低濃度となっており、安心してお使いになれます。

MIペースト

MIペースト

フッ素より再石灰化力の高いCPP-ACPを配合したペーストで積極的に再石灰化していきます。
メロン、ストロベリー、バニラなど5種類のフレーバーがあり、お子様にも人気です。

乳歯の虫歯治療について

乳歯の虫歯治療について

乳歯の時期に虫歯が見つかった場合、どうして出来たのか、まず原因を考える必要があります。
乳歯の虫歯は家庭での食習慣や、歯磨き習慣、などの生活習慣が大きく影響しているからです。
虫歯になりやすい状態なのに、もし生活習慣を改善することなく、ただ虫歯を削って詰める治療をしたならば、詰めたところの周りにまた虫歯を再発してしまうでしょう。
ですので、まずご家庭での生活習慣の改善が急務なのです。

乳歯の虫歯治療について

当院では初期の虫歯はフッ化ジアミン銀というお薬を塗ってまず虫歯の進行を止めます。
定期的にお薬を塗ることで虫歯は殆どの場合、生え変わるまで削ることなく過ごすことができます。
ただし、このお薬を虫歯の部分に塗ると黒く変化するので、見た目を気にする方にはお勧めしにくいです。
しかし、子供の立場で考えると、削って詰めるより、苦痛がないと言えます。
歯医者嫌いにならないためにも、まずはフッ化ジアミン銀を塗ることをおすすめします。

03-3377-5250

メールでのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ

ページトップへ戻る