診療案内 MEDICAL診療案内 MEDICAL

審美歯科

審美歯科には2つの大きな目的があります。

  • 歯の色が顔貌と調和しているようにする。
  • 歯の大きさと形が顔貌と調和するようにする。
  • そのためのいろいろなアプローチをご紹介します。

白い詰めもの・かぶせもの

ハイブリッドセラミック・インレー

金属のつめもの(インレー)を白い詰め物でつめなおします。
樹脂とセラミックを混ぜ合わせたハイブリッドセラミックスをもちいることで、適合性と接着性が向上しました。

ラミネートベニヤ

ラミネートベニヤ

歯の表面を0.8ミリほど削りセラミックで作ったシェルを貼り付けます。
ホワイトニングでは思いどうりの白さにならない人や、歯と歯の間が開いていて、形を変えたい人に適しています。
ただし強い力のかかる歯には不向きです。

メタルボンド

メタルボンド

歯を全体的に0.5から2.0ミリ削り土台の形にしたうえから、金属で裏打ちされたセラミックの歯をかぶせる方法です。歯の色を変えるだけでなく、大きさ、歯の向き、も変えることができます。しかし歯の神経を取らなければならない場合があります。また金属の反射により歯との境目にブラックラインと呼ばれる黒い影が生じ歯肉が黒ずんで見える可能性があります。

ジルコニア・オールセラミック

従来のセラミッククラウンよりも強度が高くなり、奥歯や複数歯の連結されたブリッジなどにも使用範囲が大幅に広まりました。ジルコニアは腐食にも強く、生体親和性が高いので、医療分野でも広く使われ、歯科治療における審美性の高い素材としても注目を集めています。透明感があり、ほとあど変色しません。汚れ(プラーク)が付きにくく、金属を使用しないので、金属の溶け出しによる歯や歯ぐきの変色、金属アレルギーなどが起こる可能性が低いです。

歯のマニキュア

歯のマニキュア

歯の表面にレジンという白い素材を塗り光で固めます。
記念写真を撮影する場合等に、適しています。

歯周形成外科

歯周形成外科

歯肉が下がってしまい歯が長く見える、反対に歯が短いなどの場合、顔貌と調和するように歯肉の形態を修正します。
麻酔をし歯槽骨を整形したり、歯肉の切除または移植を行います。
術式により時間、費用など、さまざまですので、くわしくはご相談ください。

歯肉ピーリング

歯肉ピーリング

メラニン色素の沈着により、歯肉が黒ずんでいる場合、特殊な薬剤を用いて歯肉の表面のメラニン色素の沈着した上皮をはがして、きれいにします。 処置は10分ほどで済み、1週間後には、きれいなピンク色の歯肉になります。 程度により、2、3回繰り返す場合もあります。痛みはほとんどありません。

03-3377-5250

メールでのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ

ページトップへ戻る