診療案内 MEDICAL診療案内 MEDICAL

虫歯治療・根管治療

虫歯治療

虫歯治療

虫歯になると、虫歯の部分を全部削って詰め物をします。
このとき、虫歯の部分を取り残さないことと、ミュータンス菌が入り込まないよう、隙間無く詰め物をすることが、重要です。
当院ではウ蝕検知液を使い、虫歯の取り残しが無い様にしています。
また深い虫歯の場合、神経を保護するお薬を置いて、できるだけつめた後に、痛くならないように、配慮しています。
歯の神経は、できるだけ残したほうが、歯が長持ちしますので、神経を保存するように努力しています。
最近では3種混合薬剤のおかげで、神経を取らずに済む場合が多くなっています。

3種混合薬剤による虫歯治療

3種混合薬剤による虫歯治療

大きな虫歯の場合、神経を取らざるを得ない場合があります。そのようなときに3種類の抗生物質を混合した薬剤で虫歯を無菌化することにより、虫歯を削らずに再石灰化させることができ、神経を保存できる可能性があります。
このような場合、密封するのに必要な分だけ虫歯を削る以外は、あえて虫歯は除去せずに、お薬を置いて治療します。そのため、外から、黒ずんで見える場合があります。
しかし、歯の神経を抜かずにすむことは、何事にも替えがたいメリットです。
ただし、現時点では保険診療外のため、自費診療となります。
しかし学会の方針により、高額な治療費は、頂いておりませんのでご安心ください。
※当院はCDRG友の会の会員です。

根管治療

根管治療

根管治療とは、歯の神経を取る(抜髄)ことや、根っこの先が膿んでしまった場合に根の中を消毒する(感染根管処置)ことを言います。神経を取ることは、その歯にしてみれば、一生に一度の出来事です。
根管治療とは、歯の神経を取る(抜髄)ことや、根っこの先が膿んでしまった場合に根の中を消毒する(感染根管処置)ことを言います。神経を取ることは、その歯にしてみれば、一生に一度の出来事です。
根っこを無菌化することは、時間と手間のかかる治療ですが、歯の一生を左右する、重要な基本治療と考えています。
当院では超音波による根管の洗浄と、薬剤による化学的洗浄のダブル洗浄で、根っこの無菌化を行っています。3種混合薬剤により、根管内の全ての細菌を無菌化していきます。

※3種類の抗生物質とは、内科や外科、産婦人科で 飲み薬として使っているものです。

マイクロスコープ

22倍まで拡大できる実体顕微鏡を用いることで、根管内のクラック破折、穿孔などを確認することができます。これによりスムーズな診断、治療を行えるようになりました。

 

 

 

Ni-Ti(ニッケルチタン)ファイルによる根管治療

形状記憶合金であるNi-Tiファイルを用いることで、わん曲の強い根管でも、根尖の形態を破壊することなしに清掃、拡大を行うことができます。規格化されたファイル、ガッタペーチャポイントにより、緊密な根管充填が行えるようになりました。

 

 

 

03-3377-5250

メールでのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ

ページトップへ戻る