お問い合わせ CONTACTQ&A Q&A

Q&A

虫歯でも痛くなければ大丈夫ですか?

歯と歯の間の虫歯では、咬む力による刺激が伝わりにくいため、重症にならないと、痛みが出ない傾向があります。そのため気づくのが遅くなりがちです。
実際虫歯を削ると歯髄が露出してしまうほど進行しているのに、大して痛みが出ていない虫歯はたびたび経験しています。
食べ物が挟まりやすいなど、おかしいなと思ったら、早めの受診をお勧めします。

pic_faq01

ホワイトニングは誰でもできますか

ホワイトニングは無カタラーゼ症の方や妊婦さんはできません。

神経を取ってしまっている歯や、クラウンを被せている歯も白くなりません。

神経が生きている歯なら白くすることができます。

pic_faq04

ホワイトニングは歯を痛めるのでしょうか?

当院では、厚生労働省の認可を正式に受けている、安全なホワイトニング材を採用しています。
正しい使用法を守る限り、歯に対して害はありません。
安心してホワイトニングをなさってください。

pic_faq02

予約制ですか?

治療計画にもとずいて、一人一人に十分な治療時間を確保し、また患者様をお待たせしないようにするため、予約制となっておりますが、急なお痛みでお困りの方は、できるだけ早く診察するようにしておりますので、お気軽にお越しください。

pic_faq03

親知らずは抜いたほうが良いですか?

現代人の顎は小さくなっているといわれていて、親知らずが埋まっていたり、横になって生えてきたりする人が

多くなっています。磨きにくいため、隣りの歯との間に虫歯ができやすいです。

あまりかみ合わせに役立っていないのなら、親知らずが虫歯になっても抜いてしまえばよいですが、

隣の大切な第二大臼歯に虫歯ができてしまうのは避けたいものです。

そのため、予防的な観点から親知らずは抜かれることが多いです。ただし抜歯にリスクを伴う場合があります。

その場合は、メリットとリスクを秤にかけてメリットが上回る場合に親知らずを抜きます。

pic_faq04

03-3377-5250

メールでのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ

ページトップへ戻る